糖尿病の治し方、たった3日間で血糖値を下げる食事療法とは?

きつい運動をすることもなく、薬も一切使うことがない糖尿病の治し方があるんです。1年間に100人以上の方が実践し、たった3日間で血糖値が大きく改善することが証明されています。
TOP:糖尿病の治し方、たった3日間で血糖値を下げる食事療法とは?>糖尿病とは?

 糖尿病というのは、血液中の血糖値が高くなる病気です。身体を動かすのに必要なブドウ糖が血液中にどれくらいあるのかを示しているのが血糖値です。ブドウ糖を必要とする細胞に運ばれなくなり、血糖値が上がると糖尿病ということになってしまいます。



 それでは、なぜ、そのようなことになるのでしょうか?

それは食べ物を食べた後に、血糖値が上がらないように調節してくれる作用があるインスリンというホルモンが不足したり、細胞に働きかけたりする機能が弱くなるからです。インスリンというのは、人間の身体の中で血糖値を下げてくれる働きを持った唯一のホルモンなのです。



 インスリンが不足したり、上手く機能しなかったりすると、ブドウ糖が細胞に取り込まれないので、筋肉や内臓がエネルギー不足になってしまいます。そうなると、人間の身体が動かなくなってしまいますよね。血液中には、エネルギー源であるがブドウ糖がたくさんあるのに、細胞には行き渡らないという異常な事態になってしまうんです。



そのため血糖値が高い状態が続きます。血糖値が高い状態を放っておくと、エネルギーが足りないのですから、いろんなところでいろんな症状が起きてきます。いろんな臓器や筋肉が正常に働かなくなるのですから、生命に危険が及ぶ可能性が高くなってしまいます。本当に恐ろしい病気ですね。


 でも、血糖値を定期的に測っていれば簡単に見つけられるので、早期に発見すれば難しい病気ではありません。しかし、知らないうちに悪くなるので、食習慣や生活習慣に気をつけなければ、大変な病気だと言えるかもしれません。



Copyright(C)2015 aidenet All Rights Reserved.