糖尿病の治し方、たった3日間で血糖値を下げる食事療法とは?

きつい運動をすることもなく、薬も一切使うことがない糖尿病の治し方があるんです。1年間に100人以上の方が実践し、たった3日間で血糖値が大きく改善することが証明されています。
TOP:糖尿病の治し方、たった3日間で血糖値を下げる食事療法とは?>糖尿病とは?>糖尿病の種類

糖尿病は良く知られているのですが、糖尿病にも種類があることは、案外知らない方が多いようです。実は、糖尿病には、その性質によって4種類に分けられています。各々について簡単に説明しておきます。

1.1型糖尿病

 1型糖尿病というのは、インスリンを作ることがほとんどできないタイプです。インスリンはすい臓のベータ細胞が作ってくれるのですが、ベータ細胞が壊れてしまったり、ほとんど機能しないことから、インスリンを作ることができません。そのため、注射などで補ってやるしかないのです。

1型糖尿病にかかっている人の比率は多くありません。子供のころに始まることが多いので、以前は小児糖尿病と呼ばれていたそうです。



2.2型糖尿病

 普通の人がかかるのが2型糖尿病です。日本では糖尿病にかかっている人の95%が2型糖尿病だそうです。2型糖尿病は、インスリンを作る量が少なくなったり、作られても質の悪いものだったりする場合、さらに膵臓がブドウ糖を取り入れることができなくなる場合になるそうです。

られなくなって起こるものがある。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。わが国の糖尿病の95%以上はこのタイプ。



3.その他の型の糖尿病

1型、2型以外の糖尿病で、膵臓のベータ細胞の遺伝子に異常がありインスリンを作ることができない場合や他の病気の治療のために使われたステロイドなどの服用によって、ベータ細胞の機能が低下する場合など、他の病気が原因で起きるものです。これも発症する人はあまり多くありません。



4.妊娠糖尿病

妊娠をきっかけに糖尿病の症状になるのが妊娠糖尿病です。ただ、妊娠する前に糖尿病と診断されている人は、当たり前のことですが妊娠糖尿病とはよびません。

赤ちゃんの分の栄養を摂るために食事の量が増えるのは仕方がないのですが、栄養の摂り方に問題があるために、このようなことになるのでしょう。妊娠中の栄養には注意をしなければなりませんね。母体だけでなく、産まれてくる赤ちゃんも糖尿病になる可能性があるので注意したいですね。



Copyright(C)2015 aidenet All Rights Reserved.