糖尿病の治し方、たった3日間で血糖値を下げる食事療法とは?

きつい運動をすることもなく、薬も一切使うことがない糖尿病の治し方があるんです。1年間に100人以上の方が実践し、たった3日間で血糖値が大きく改善することが証明されています。
TOP:糖尿病の治し方、たった3日間で血糖値を下げる食事療法とは?>糖尿病とは?>糖尿病を放っておくと?

 糖尿病にかかっても、血糖値が高くなるだけで、まったく症状が現れません。自覚症状がないのでいつもと変わりなく普通に過すことができます。しかし、そのまま放っておくと、数年後には必ず合併症が出てきます。になって症状がでてきます。最も怖いのは慢性の合併症になることです。



 ところで、合併症って何だという方のために、簡単に説明すると、その病気がもとになって起きる別の病気や症状のことです。糖尿病には、3大合併症と呼ばれる3つの慢性合併症があります。それは、網膜症、腎症、 神経障害です。その他にも、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞、高血圧、脂質異常症、歯周病、肺炎、カンジタ症、壊疽、水虫などの感染症があります。



脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞のような死につながる病気もあれば、水虫などのような皮膚病などの軽い病気もあるので、合併症がすべて怖いということではありません。しかし、糖尿病患者に多い3大合併症になることだけは避けなければなりません。
 


 3大合併症について、もう少し詳しく説明します。

 糖尿病にかかって血糖値をコントロールせずに生活を続けていると、10~15年くらいで、これらの合併症が出て来ます。血糖値をコントロールしていれば、合併症になる確率は小さくなるので、やはり早めに治療したいですね。



1.網膜症

 目の底にある網膜という部分の血流が悪くなるために、視力が低下します。最悪の場合には失明することになってしまいます。また、白内障になる人も多いそうです。



2.腎症

 腎臓の糸球体という部分の毛細血管が悪くなるために、尿を作ることができなくなってしまいます。人工透析によって、やっと生命を維持するような状況になってしまうと、定期的に病院に通わなければならなくなってしまいます。糖尿病の合併症の中でも、最もなりたくない合併症です。



3.神経障害

 合併症の中で最も早く症状が現れるのが神経障害です。手足のしびれ、けがややけどの痛みに気づかないというような事態になってしまいます。そのほかにも筋肉が萎縮したり、筋力が低下したり、発汗異常やインポテンツなどのような症状も出てきます。個人差があるので、どのような症状が現れることになるのかは、まるで分かりません。

Copyright(C)2015 aidenet All Rights Reserved.