糖尿病の治し方、たった3日間で血糖値を下げる食事療法とは?

きつい運動をすることもなく、薬も一切使うことがない糖尿病の治し方があるんです。1年間に100人以上の方が実践し、たった3日間で血糖値が大きく改善することが証明されています。
TOP:糖尿病の治し方、たった3日間で血糖値を下げる食事療法とは?>食事療法の基礎知識>栄養を過剰に摂取した時のリスクとは?

 食事をしなければ人は生存できませんが、栄養を摂取しすぎても、健康を阻害することがあります。不要な量まで栄養摂取を続けていると、脂肪がつきすぎて太りすぎになります。食べ過ぎは太りすぎにつながり、太りすぎは生活習慣病などの疾患の原因になりますので、食事量には要注意です。



 過剰な栄養摂取によって肥満になると、大きくなった体の隅々まで血液を送らなくてはいけなくなる為、心臓への負担が大きくなります。過剰に栄養を摂取し続けると、体重が増えて、膝や腰への負担が大きくなります。そして、体重が増え続けていくと痛みが出て、ひどい場合には歩けなくなったりする事もあります。



 過剰な栄養摂取をした時のリスクとして考えられるのは、生活習慣病を引き起こす原因になり得るという事です。血圧が高くなったり、血糖値や血中脂質が高くなる症状を、生活習慣病といいます。脳梗塞、心筋梗塞といった重篤な疾患は、高血圧や高血糖状態の人ほど起きやすいと言われていますので、生活習慣病予防はとても大事です。



 食べ過ぎや、同じ栄養素ばかり摂取していると体によくありませんので、釣りあいを考えることです。仕事で時間が不規則になったり、付き合いで外食が多くなったりと、食事の栄養バランスに気を配ることもなかなかできない人も少なくないようです。


外食ばかりだと、どうしても摂取カロリーが多くなりますし、野菜やフルーツといった、必須成分がとれなくなります。また、アルコールなどのドリンクはあまり栄養過剰と言う意味では関係ないと思われがちですが、これも高カロリーなので注意が必要です。



 食事からどのような栄養を摂取するかは、肉体をつくる重要な要素ですので、和食を多くしたり、魚貝類を増やすなどの工夫が必要です。


Copyright(C)2015 aidenet All Rights Reserved.