糖尿病の治し方、たった3日間で血糖値を下げる食事療法とは?

きつい運動をすることもなく、薬も一切使うことがない糖尿病の治し方があるんです。1年間に100人以上の方が実践し、たった3日間で血糖値が大きく改善することが証明されています。
TOP:糖尿病の治し方、たった3日間で血糖値を下げる食事療法とは?>食事療法の基礎知識>バランスの取れた栄養摂取の方法

食事からどんな栄養を摂取するかは健康維持のためにも大事ですので、メニューはよく考えて決めましょう。健康状態をキープするために、体が求めている栄養を、必要な量だけ摂取する食生活がポイントです。



どんな食事の仕方をすると、栄養の偏りなく食べることができるでしょう。食事の適量は人それぞれです。栄養摂取の量は、一人一人が1日で消費している栄養の内訳や量によります。


しかしながら、ここでは平均的な栄養の摂取について説明しましょう。バランスの良い栄養というと、基本的には3大栄養素が大切になってきます。この3大栄養素というのは、たんぱく質、脂質、炭水化物を指しています。



 栄養バランスの良い食事内容というと、脂質を極端に下げたものを思い浮かべる人もいるかも知れませんが、実際はそうではなく、脂質もしっかり取ることが大切です。この頃は、炭水化物を全て排除するというローカーボンダイエットが注目されています。


けれども、体か必要とする栄養を保つには、炭水化物は必要です。食べ過ぎには注意をして炭水化物を摂取することが、食事では大事になります。



 1日の活動源として、炭水化物はとても重要な成分です。体を使う時には、炭水化物が必要です。炭水化物を摂取しすぎると、確かに脂肪になりますが、まったく炭水化物を摂取しないと、エネルギーが消費されにくい体になってしまい、結果として痩せにくい体質になります。



 理想的な栄養摂取の方法は、たんぱく質、脂質、炭水化物をきちんとバランスよく摂ることが大切なのです。炭水化物、たんぱく質、脂質の割合を、5対3対2にすると摂取バランスが良いと言われています。厳密にカロリー量を計算しなければいけないという状況てはない限り、食事からの栄養の摂取量は、おおまかなところがいいでしょう。

Copyright(C)2015 aidenet All Rights Reserved.