糖尿病の治し方、たった3日間で血糖値を下げる食事療法とは?

きつい運動をすることもなく、薬も一切使うことがない糖尿病の治し方があるんです。1年間に100人以上の方が実践し、たった3日間で血糖値が大きく改善することが証明されています。
TOP:糖尿病の治し方、たった3日間で血糖値を下げる食事療法とは?>食事療法の基礎知識>GI値が低い食品の具体例

 GI値が低い食品は糖尿病の治療に効果があることから、ダイエットにも効果があると言われています。それでは、GI値が低い食品には、どのようなものがあるでしょうか。


 GI値が低い食品として知られている炭水化物には、食物繊維が豊富なそば、ライ麦パン、全粒粉のパンや玄米などが上げられます。


次に、ダイエット食品としてよく知られている大豆、きのこ、海藻、インゲンなども低GI食品です。これらの食品は、カロリーも低くGI値も低いので、ダイエットする時に欠かすことができない食品ですが、糖尿病などの4生活習慣病にも効果があります。



 GI値から考えると、白米や食パンなどはダイエットには向かない食品だと考えて良いでしょう。GI値が高いので、食べるとすぐに血糖値を上げてしまいます。これらの食品を食べる時は、ゆっくりと食べることと食べる量を減らす事を考えなければなりません。



 果物はビタミンなどをたくさん含んでいるので、カロリーが低いこともあって、ダイエットしている人がたくさん食べる傾向がありますがが、果物の中にもGI値が高いものがあるので注意が必要です。


GI値が高い果物は、ブドウやスイカなどです。果物ならなんでもダイエットに向いていると思い込むのは止めた方がいいようです。GI値の低いみかん、りんご、いちごなどを食べるようにしましょう。



 ダイエットするのと生活習慣病を改善するために食べる食事はとてもよく似ています。基本的にカロリーの低い食べ物を選ぶ必要がありますが、さらにGI値の低い食品を選ばなければなりません。


GI値について、あまり知らない人が多いので、この機会にぜひ勉強してみてください。ダイエットをするだけでなく、健康になるために知っておきたい知識だと思います。そうすれば、効率よくダイエットできるだけでなく、健康な身体を作ることに繋がります。



Copyright(C)2015 aidenet All Rights Reserved.